野菜

コレスケア青汁

現代の日本人の多くの人が抱えている問題の一つが、食生活の問題です。
不規則な生活から食事のバランスが取れなくなっている人が多く見受けられます。
また食事の内容も、和食中心だった生活から、洋風、中華などへと変化していきました。

このような生活が定着したことで、さらなる問題が増えてしまっています。

それは、コレステロールの増加です。
糖分や油分の多い食事によって体内の脂肪分が増え、メタボ体系の人がとても増えてきました。
今までは加齢によって起きていたメタボも若年層でも目だつようになりました。
普段の運動不足も原因不足に挙げられますが、毎日の食事の影響はとても大きいものです。

同時に野菜不足も激しく、食物繊維やビタミン不足となっています。

そんな人に手軽野菜を摂取する方法があります。
それは、青汁です。
一日に必要な野菜の栄養素がギュッと凝縮されているので、いっきに野菜不足が解消されます。
こちらに青汁の代表的な効果についてかかれていますので参考にしてください。
いろんなメーカーで青汁は発売されていますが、なかでも大正製薬のコレスケア青汁は体脂肪が気になる人にはとてもお薦めの青汁です。

一般的な青汁は、一日の野菜の必要摂取量がとれるようにつくられています。
そこにさらにコレスケアは、コレステロールの吸収を抑えるキトサンという成分が配合されています。
なので、青汁の中でも珍しく特定保健用食品として認められています。

原材料は、無農薬で栽培された国産の有機大麦若葉が使われています。
そこにカニに含まれる不溶性食物繊維のキトサンが配合されています。

キトサンは体内に入ると、コレステロールによって作られる胆汁酸を吸収して排出する働きがあります。
よって血中にコレステロールがたまりにくくなり、コレステロール値が下がっていきます。

医薬品会社ならではの研究と実験を繰り返し作られたのが、コレスケア青汁です。
一日三袋を目安に飲んで行くようにしましょう。
特に野菜不足とコレステロール値や体脂肪などが気になる人にはとすすめの青汁になります。