野菜

熊笹青汁

1日必要な野菜の摂取量は、350グラムと言われています。
この野菜の量を3食で補わなくてはいけません。
しかし思った以上の量で、なおかつ野菜の中でもいろんな栄養素があるのでバランスを考えてとらなくてはいけません。

そう考えただけで難しく、毎日実践するのは大変だと思いませんか。

そんな人にお薦めなのが青汁です。
今では青汁もとてもメジャーな健康食品の一つになりました。
多くの人が日常生活に取り入れるようになっていました。

青汁と言ったら、原料としてケールや大麦若葉を思い浮かべる人が多いでしょう。
青汁の多くは、どちらかの原料が多く含まれた商品が多いです。
しかし最近では、新たに熊笹を原料とした青汁も注目をあびています。

熊笹とは、名前の通り熊が冬眠から目を覚まし、一番最初に食べると言われている笹です。
原料の多くは北海道や長野の雪の中で作られ、雪の天然のミネラルが豊富に含まれてた水を吸って成長しています。
昔から日本では、民間薬としても使われていきました。

特に切り傷、皮膚病に効果があるとされていました。

そんな熊笹を使用した青汁には、特徴的な成分があります。
熊笹にはビタミンCやビタミンB類、カルシウム、鉄分、クロロフィルが含まれています。

なかでもビタミンCは、体内で作ることができない栄養素になります。
ビタミンCは、体の老化を防ぐために必要な抗酸化作用を生み出します。
体の老化が進むと、細胞分裂の働きが低下し、体の疾患へとつながってしまいます。

常に健康でいるためには、抗酸化作用の働きによって、細胞が酸化しないように働きかけることが大事です。

また特に他の青汁にはない成分として、クロロフィルが含まれているのが特徴です。
クロロフィルとは、植物の色素で葉緑素のことを指します。
このクロロフィルは胃腸への効果が高く、回復改善へとつながっていきます。

また細胞膜を強くする働きがあるので、免疫力があがってアレルギー抑制や発がん性物資を抑制してくれます。

食事の欧米化や不規則な食生活で、血中のコレステロールがたまりやすくなっています。
そんな人にもクロロフィルは、血中のコレステロールを抑制して、血栓の予防にもつながります。

このようなうれしい成分が含まれた熊笹青汁を一度お試ししてみてください。
こちらのサイトに世界的な美人コンテストの公式コンサルタントを務める方がおすすめする青汁が載っていますので良かったらご覧ください。