野菜

青汁のめぐり

日本の食生活の変化は、各家庭のご飯のメニューを聞くとわかります。
昔から日本人の食生活は、和食が中心の食生活でした。
それが今では、ハンバーグ、焼き肉、オムライス、唐揚げ、ラーメン、パスタなど洋食、中華などが中心となってきています。
糖分や塩分、油分が多い食事が増えてきているように感じます。

和食の多くは、煮る、焼くが多く調理段階でも油分や塩分の摂取の量が違います。

それに加え深刻な問題として、野菜不足があげられます。
一日に必要な野菜の摂取は、350グラムと言われています。
この量は、意識的に摂取しなければとても難しい量になります。

しかも野菜なら何でもいいというわけでもなく、緑黄色野菜をメンイにバランスの良い野菜生活を取り入れていかなければいけません。
それをメニューにすると、毎日の献立を考えるのがとても大変になります。

そこで手軽に野菜を摂取できる方法として青汁があります。
いろんなメーカーから青汁が発売されており、どれにしようかと迷う人もおいです。
今回は、ヤクルトフーズで発売されている青汁のめぐみに注目したいとともいます。

ヤクルトフーズは、乳酸飲料や乳製品を主に販売していて、一度は口にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

青汁のめぐみは、徹底した品質管理の元、契約農家で栽培された国産大麦若葉を使用しています。
農薬と化学肥料を一切使用しないで栽培され、朝済みされた新鮮な大麦若葉を生搾りして製造されています。
すべてを自社工場で行うことで、品質管理を徹底し、安心安全にこだわって作られています。

特に青汁のめぐみは、ヤクルトフーズならではの青汁になっています。
それは、ヤクルトのオリゴ糖を配合された青汁だからです。
大麦若葉の成分の中でも食物繊維と世来るとのオリゴ糖は、お腹で活発に働きかけます。

食物繊維とヤクルトのオリゴ糖は、どちらも胃では消化されず腸まで届きます。
お腹に届く二つの成分の働きにより、腸内細菌に栄養がいきわたります。
よって腸が活発にはたくことができ、腸内環境を整えることができます。

野菜不足だけでなく、体内改善にも繋がるのが青汁のめぐみです。
一日に二袋を目安に飲まれると、一日に必要な栄養素を確保することができます。