野菜

サントリー青汁


現代の食生活の中で、一番不足がちと言われているのがやさいです。
一日の野菜の必要摂取量は350gになります。
この量は、意識的に多めに野菜を献立の中に取り入れないと、なかなか必要な量をとることができません。

さらに、野菜と言っても何でもいいといったわけではありません。

やさいには、たんぱく質になるもの食物繊維が多いものなどいろんな特徴があります。
中でも栄養価が高いと言われている、緑黄色野菜を積極的にとらなくてはいけません。
その緑黄色野菜も限られていて、子供は特に苦手なものも多く、大人になっても食べれない野菜も多いです。

このように野菜をと言ってもバランスが大事になります。
このバランスを考えながら、必要な一日の摂取量を考えて献立を作らなくてはいけないわけです。
考えるだけでも、大変ですし、毎日気をつけなければいけないとなると、相当な努力が必要になります。

どうしても、栄養が偏りがちになってしまう人や、バランスを考えて料理をするのが大変な人には、青汁がお薦めです。
一日一袋から三袋の青汁を飲むだけで、一日の必要な野菜の栄養素を取り入れることができます。
そんな青汁も今いろんなメーカーから発売されています。
青汁の効果効能はこちらにかいてあります。

今回は、サントリーから発売されている青汁についてご紹介したいと思います。

サントリーの青汁は、極みの青汁という粉末状の青汁になります。
主な原材料は、阿蘇で生産された大麦若葉と屋久島で生産された明日葉を使用しています。
特にサントリーは、サプリメントなども多く取り扱っている会社です。

このように、科学の研究の結果を積み重ねて科学的根拠のもと、安全で効果的な商品の開発をしています。
品質管理も徹底しているので、安心して飲んでいただくことができます。

さらに二つの栄養素の他にも野菜のポリフェノールと言われているケルセチンとキシロオリゴ糖も配合しています。
ケルセチンは、青汁を体内に吸収しやすいように働きかける力があります。

また毎日飲み続けて欲しいという思いから、味にもこだわって作られています。
抹茶と煎茶をブレンドして青汁に配合されています。

なので、青汁ならではの臭みや苦みもほとんど感じることがありません
ですので、青汁初心者の人でも、とても飲みやすくできています。
これから飲み始める方にメーカーによっては青汁の試供品がもらえることもあるようです。